CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 小さな絵描きさん | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
センチメンタル

 


 

毎朝、幼稚園バスを待つ間に、挨拶をする樹がある

並木道の一番入り口にある、クスノキ。

夏休みが空けて、幼稚園に行くのをいやがる息子が、今朝、その樹に手をあてて

 

「心をとめてください」

 

と言った。

小さな胸は、ドキドキでいっぱいなのだろう。

慎重な息子は、新しい環境が苦手なのだ。

「ママといたい。お家がいい。ドキドキするから…。」

こんな風に、自分の心境をちゃんと説明できるようになったんだな、と感心したりもする。

赤ちゃんの頃からよく泣く子だったけど、言えなくて、届かなくて、泣くしかなかったんだな。

 

息子とバスを待つ間、空を見上げると、雲が勢い良く流れて行った。

「まぶしいから、もう見ないでね。」

そう言ってから、不安そうにバスにのり込む後ろ姿。

バスにのったら、もう息子は私の方を決して振り向かない。

がんばって!と心の中でつぶやく。

 

ただ、幼稚園に行くだけなのに、何だかセンチメンタルだ。

| 育児 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする